« 絢爛豪華 枝垂れ桃 | トップページ | しきさい【色彩】 »

2012年4月30日 (月)

木になる情景

今年、一度だけ梅の花を写した埼玉県北本市の 「北本自然観察公園」 で見つけた気になる情景、
それは、普段あまり主役にしたことがない “木” でした。

K22d1203

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8   F16    1/128    -0.3   ISO400

太い幹から枝分かれした太い枝の形が面白くて撮影しました。

そして、米 美知子さんの写真集 『情景探し』 に影響されて、F16まで絞ってみました f(^_^)

花撮りで愛用している D FA100mm で、花ではなく木の一部分を切り取りました。

1枚目の木は、なんと北本市指定の天然記念物 「エドヒガンザクラ」 なんです。

撮影した3月28日の江戸彼岸桜は、蕾が膨らみ始めたところでした。

K22d1199

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8   F5.6    1/200    0.0   ISO200

K22d1201

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8   F5.6    1/125    -0.3   ISO200

花が開いた姿は、さぞかし見事だったでしょうね!!

それにしても、面白い姿の木ですね~!!

K22d1196

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8   F16    1/30    -0.7   ISO400

K22d1204

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8   F16    1/50    -0.3   ISO400

他にも気になる情景がありました。

K22d1193

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8   F16    1/60    -0.3   ISO400

K22d1194

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8   F16    1/125    -0.3   ISO400

何てことない風景、それどころか、枯れた つる草のようなものが絡まっていて、普通ならカメラを向けないでしょう!
という風景ですが、こうして切り取ってみると、中々面白いなぁ~って思いました。

被写体は無限ですネ~!(笑)

« 絢爛豪華 枝垂れ桃 | トップページ | しきさい【色彩】 »

PENTAX K20D」カテゴリの記事

smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
厳しい風雪(あっ埼玉だから雪はないか・・)に耐えた力強い姿ですね
花の時期だけ注目しますが
本来は この樹形も見てやらねば(撮ってやらねば) ですね v^^

F16・・・こんなに絞ったことがありません
米さん直伝か
今度わたしも試してみましょう

おはようございます
自然の厳しさから耐えるためにそういう形になったんですね
そんな形探すのもいいかも・・・

時平さん おはようございます。

そうですね、雪はあまりないけど、
自然の厳しさは十分受けていると思います。
その厳しさに耐える為にどっしりと太く逞しくなった、
素晴らしい自然の力ですね!!

写真を撮るようになって、それまであまり見なかった花や、
殆ど眼中になかった雑草に注目するようになりました(笑)
そして極めつけは、米さんの「情景探し」で
木にまで視線が向き始めています。
更に、絞ることを覚えました(笑)

カメラ夢遊さん おはようございます。

木によっては、とにかく真っ直ぐ上に伸びるものもあれば、
太陽に向かって曲がるものもありますよね。
この木は、厳しい自然に立ち向かう為に、
太く複雑な形になったのでしょうね。
そういう視点で自然を見ると、
写真が変わるかも知れません・・・かな?(笑)

こんにちは。
緑の中にあるこの木!すごく力強く感じますね。
自然の厳しさの中を耐えてここまで大きくなり
そしてこんな素敵な形になったんですね。
素晴らしいですね。
何気なく見過ごしているような木でも、
じっくり見ると神秘的な感じがしますねhappy01

成る程、こんな被写体もありですね・・・
16迄絞ったんですか? 私は殆どオートで撮っていますから
こんな絞りはフィルムカメラのMFでも使ったことがありません!
今度、一度試してみようかな!!

いちごさん おはようございます。

このエドヒガンザクラの幹も勿論太かったのですが、
それ以上に逞しい枝の形に目が行きました。
長年厳しい自然に耐えてきたのでしょうね!!
ついつい花や緑に目が行きがちですが、
それを支えている幹にこそ本当の美しさがあるのかもしれませんね♪!

るーちゃん おはようございます。

普段は花にばかり目がいっちゃいますが、
幹に注目してみるのも面白いです。

写真家 米美知子さんの真似をして、F16を多用しました。
うまくはまれば、立体感のある写真が撮れると思っているのですが、
未だ成功していません(笑)

『木を撮る』って難しいですよね~~
木の根元から広角でノーファインダー撮影ってのはやる事はあるんですけど…
まぁ、枝の広がりや葉の緑と青空のコントラストで何となくソレっぽく見えるけど正対するとほんと木はムズいです
アタシもいつかチャレンジしてみます(―/[◎]ゝ

imno1さん こんばんは。

確かに、木を撮るのは難しいです。
光が透けるわけではなく、色とりどりでもなくて。
でも何となくですが、面白いと感じた部分を、
切り取れば良いかなと思います(笑)

>木の根元から広角でノーファインダー撮影
私はいつかこれに挑戦してみますね!!

こんばんは
一瞬、、、ただの木、、って思いましたが
じっと見てると、、、だんだん「知恵の輪」に
見えて来ました!
被写体を切り取るペンタスキーさんの
「感性」が出てる作品ですね^^v
そう言えば
米さん、つい最近、BSの番組で2週連続で拝見しました。
キャノンプレミアムアーカイブス!

亀三郎さん おはようございます。

ただの木なんです(笑)
「知恵の輪」っていうのは面白い発想ですね。
ぜんぜん思わなかったです、流石亀さん!!
米美知子さんに感化されたようで、
木 でも撮りたいと思うようになり、
絞りも F16 にしました(笑)

BSの番組を見られたのですか?
良いですね・・・うちはBSを見れないんですよ。。
残念(泣)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043957/45085781

この記事へのトラックバック一覧です: 木になる情景:

« 絢爛豪華 枝垂れ桃 | トップページ | しきさい【色彩】 »

★ 二代目ブログ ★

フォト

米美知子さんの撮影術

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンクのあしあと♪

最近のトラックバック

カメラ関連メーカーのリンク

無料ブログはココログ