« 庭石菖(にわぜきしょう) | トップページ | 富士山が綺麗!! »

2010年5月27日 (木)

雨粒と銭葵(ぜにあおい)

雨上がりは水滴を撮る絶好のチャンス!!

まだ花が咲いていない ムラサキツユクサ(だと思います)の葉っぱに、沢山の水滴が付いていました。

K21d2605_cr

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8

水滴の中に葉っぱが写り込んでくれました。

☆☆☆ お知らせ追記 2010年5月28日 ☆☆☆

リンクのあしあと♪に、shanさんのブログ

私の小さな写真館+(ぷらす)

を追加しました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

実は、1枚目は次の写真の真ん中あたりにある水滴付近をトリミングした写真なんです。

K21d2605

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8

自分がブログを開いたときに、写り込みを拡大して見たかったのでトリミングしちゃいました(^^ゞ

それに、手持ちで近寄り過ぎるとブレブレのピンぼけだったので、ちょっと離れて撮って
トリミング作戦です(笑)

次は横構図を縦にトリミング。

K21d2606

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8

K21d2606_cr

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8

こちらも葉っぱが写り込んでくれました。

横に並んだ水滴たち。

K21d2608

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8

複数の水滴にピントを合わせるのは、なかなか難しいです (^^ゞ

この日は、銭葵(ぜにあおい)も撮りました。

K21d2591

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8

銭葵は葵(あおい)科の花で、花の大きさが「一文銭」ほどの大きさだったことから、
銭葵という名前になったそうです。

K21d2592

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8

花の色と緑の葉っぱが、「雅」で撮るのに丁度良い色合いだと思いました。

銭葵にも水滴が付いています。

K21d2599

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8

この水滴には、花が少し写り込んでくれました。

いや~、水滴ってほんと楽しい被写体です!!

今度は三脚使いたいな~!!

« 庭石菖(にわぜきしょう) | トップページ | 富士山が綺麗!! »

PENTAX K20D」カテゴリの記事

smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
水滴を写す時は50㎜より100㎜のマクロの方が使い安
そうですね 私根気がないので中々撮れませんが 
一度私も撮ってみたいです・・・

カメラ夢遊さん おはようございます。

この葉っぱは結構長いので、水滴にあまり寄れませんでした。
寄り難い時は、確かに100mmの方が良いでしょうね。
水滴に写り込む写真は、やはり三脚があった方が良いです。
手持ちだとほんのちょっと体が動いただけで、ピンボケ量産ですから。
是非三脚を使って水滴写真に挑戦してみてください。

って、既に水滴付きの花をアップされていますね!!(笑)

雨粒に映り込んだ葉っぱの写真、素晴らしいですね!
やはり、十分写真を撮り続けているから達した視点なのでしょうね。
私はマクロは持っていませんが、コンデジではマクロに近い撮り方
を試みています。
まぁ、いずれにしても修行がまだまだ足りないという事ですね。

るーちゃんさん こんにちは。

ありがとうございます。
でもそんなっ 修行をしたわけではなくて、
カメラとレンズが良いからなんですよ。
それに小さく写して、トリミングしてありますし。。

コンデジでもマクロ撮影できる機種はありますが、
ボケ具合が違うのではないかなと思います。
コンデジでマクロ撮影したことないので分かりませんが。
是非、一眼レフ用のマクロレンズを手に入れてみて下さい。
世界が違いますよ~!!

こんにちは
えっこれ三脚なしですか・・・笑 スゴイ
滴への映り込みは撮りたいですよね
いくらトリミングとはいえ こう見事には撮れません
腕とレンズとカメラがバッチリマッチしましたね 笑

時平さん こんばんは。

はい!! 息を止めて、手持ちでなんとか撮れました。
K20Dの手ぶれ補正とD FA MACRO 100mmF2.8の描写力の賜物です。
でも、撮影後は酸欠で、
しばらく動けませんでしたよ(笑)

「写真ライフ」という雑誌に、
とても素敵な水滴への写り込み写真がありました。
花一輪がバッチリ写り込んでいるんです、しかも手持ちで。
スッゴいな〜って思いましたよ!
それを教科書に三脚使って、
目指せその写真!! です(笑)

こんにちは(*^_^*) リンクのご紹介をいただきありがとうございました♪
今後ともよろしくお願いいたします 

最後のお写真の雫といい、花の色や背景の爽やかな色といい、すごく美しいです~♪
拡大して拝見しましたが、中までくっきりと花が写りこんでいて素晴らしいです(*^_^*)
雫写真はピントの置き方がすごく難しいのと、風や自分の体でゆれるので苦手です (^_^;)

>酸欠
あはは^^ わかりますわかります(笑)
1枚撮ったら潜水から出てきたみたいになってます(笑)

葵の花を見ると、夏が来るな~ と思います^^

shanさん こんにちは。

こちらにも続けてのコメント、ありがとうございます。

>リンクのご紹介をいただきありがとうございました♪
いえいえ、shanさんのところでも冒頭からのご紹介に感謝しています。

水滴の中に写る世界を撮るのは、
とても根気が要るし、酸欠が凄くなるのですが、
気に入った写真が撮れた時の感動は忘れられません。
三脚を使ってもっと寄って大きく撮りたいのですが、
中々成功しませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043957/34911587

この記事へのトラックバック一覧です: 雨粒と銭葵(ぜにあおい):

« 庭石菖(にわぜきしょう) | トップページ | 富士山が綺麗!! »

★ 二代目ブログ ★

フォト

米美知子さんの撮影術

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンクのあしあと♪

最近のトラックバック

カメラ関連メーカーのリンク

無料ブログはココログ