« チューリップが綺麗!! | トップページ | あれからサクランボの木は »

2010年4月14日 (水)

ローキーなチューリップ

明るめに撮ろうとすると、色が飽和気味に写ってしまうチューリップ、難しいです。

その色が飽和するのを何とかしたい。

そこで露出補正をマイナスにして、赤いチューリップ 「プリティーウーマン」 を撮ってみました。

K21d1837

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8  露出補正 -0.7

この写真、露出補正は -0.7 です。

どうでしょう? なかなか良いではないですか (^^ゞ

後ろのピンク色は、綺麗にボケてくれたピンク色のチューリップ 「クリスマスドリーム」 です。

沢山撮った中から、飽和気味のものとそうでもないものを比べてみました。

まず黄色の 「ストロングゴールド」 を露出補正 +1.3 と -0.3 で撮った写真。

K21d1814

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8  露出補正 +1.3

K21d1815

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8  露出補正 -0.3

プラスの写真は黄色が少し飽和しています。
マイナスの方は若干暗めですが落ち着いていると思います。

次に、露出補正 +1.0 と -0.7 で撮った、赤い 「プリティーウーマン」 です。

K21d1832

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8  露出補正 +1.0

K21d1834

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8  露出補正 -0.7

プラス補正の方はかなり赤が飽和してます。
それに比べてマイナス補正の写真は、濃い赤がしっとりと出ていて綺麗です。

ピンク色の 「クリスマスドリーム」 も +1.0 と -0.7 で撮りました。

K21d1849

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8  露出補正 +1.0

K21d1850

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8  露出補正 -0.7

プラス補正の方は、飽和と白トビが多いです。
マイナス補正の方も花びらの先が白トビ気味ですが、ちょっと艶やかにも見える気がします。

白はどうでしょう?

K21d1855

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8  露出補正 +0.7

K21d1852

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8  露出補正 -0.7

構図が違うので一概には言えないと思いますが、白の場合はプラス補正の方が綺麗ですね。

でもプラスを多くし過ぎると、白トビしちゃいます (^^ゞ

K21d1857

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8  露出補正 +1.3

色の飽和を防ぐ方法のひとつとして、露出補正をマイナスにする事が有効だと分かりました。

他にも方法はあると思いますし、カメラによっては何も気にしなくても飽和せずに写せる機種があるかもしれません。

それにしても、私はマイナス補正の赤がとても気に入りました。

K21d1735

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8  露出補正 -0.7

K21d1736

K20D+D FA MACRO 100mmF2.8  露出補正 -0.7

グレーの背景と赤の色合いがとても良いです。

赤を写すときは、しばらくは マイナス補正 が私のデフォルトです!!

« チューリップが綺麗!! | トップページ | あれからサクランボの木は »

PENTAX K20D」カテゴリの記事

smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

やはりチューリップの露出は難しいんですね。
私だけじゃなくて良かった…
露出の比較、とても参考になりました。m(__)m

私は無精者なのでRAWで暗めに撮っておくのが
定番です。
せっかくのK-7ですが画質低下を恐れてDR拡張も
シャドー補正も全てオフっていますので、ネ…

おはようございます
花を撮る場合+補正の方が向いているみたいですが
私何故かほとんど-補正をかけてなおかつソフトで
トーンを下げてしまいます これって多分癖なんでしょ
うね・・・ 

お早うございます。
沢山のチューリップの比較写真大変参考になりました。
私は唯撮り放しで、こんな難しいことは出来ませんので自分の無知ぶりを恥じ入るばかりです。
確かに、赤系統の花はアンダー気味の方が主題がハッキリするみたいですし、白・黄色はオーバー傾向の方がすっきりするようですね。
技術的なテクニックについては具体的に教えて貰わないと使えません
写真を初めて何年、カメラはこれこれ持っていますと言っても写真を撮っていることには成らないんですね。  深く反省・・・・・

OkirakuStarさん おはようございます。

チューリップは難しいですね~。
比較が参考になりましたか?
花を撮る時は殆どプラス補正しているので、
チューリップの時も最初はそうしてました。
カメラのモニターで見ると殆どが飽和。
ダメだな~と思ったのですが、マイナス補正を試してみて正解でした。

私はOkirakuStarさんとは逆ですね~。
殆どRAWでは撮らないし、DR拡大はオンです。
K20Dにはシャドー補正はないけど、
あったら絶対オンにしちゃいますね。

カメラ夢遊さん おはようございます。

私は、花はプラス補正が多いですし、
花以外でも明るめにしたがっちゃいます。
アンダー気味の方が合いそうな被写体でもプラス気味に撮ってしまい、
あとでパソコンで見て マイナスにしておけば良かった~ と後悔します。

でも今回マイナス補正の良さを味わったので、
これからはマイナスを多用してしまいそうです(^^ゞ

るーちゃんさん おはようございます。

比較が参考になったようで嬉しいです。
色々書かれていますが、恥じることもないですし、
反省することでもないですよ。
お気楽に行きましょう~!!(笑)

私とてブログをやっているのでこんな比較をしますが、
ブログをやっていなければ比較などしないと思います。
撮り比べはするでしょうけど、ああ~こうなんだな~
って思う程度で、文字にはしませんよ!!

こんにちは。
赤、黄色の飽和悩みますね。
私は-補正で撮ってしまいます。
階調だけが写真のすべてではないでしょうから、
+1.0と-0.7の比較お写真のどちらも良いなともいます。
いつも撮っている感じに近いのは-0.7なのですけど、
+1.0のお写真も撮ってみたいと思いました。
興味深く拝見いたしました。

たびたびです。

+1.0と-0.7の比較お写真のどちらも良いなともいます。

+1.0と-0.7の比較お写真のどちらも良いなと思います。

です。ハズカシイ・・・。

babathegiantさん こんばんは。

>階調だけが写真のすべてではないでしょうから、
そうですね、わざと飽和させたり白トビさせたり
っていう撮り方もしますよね。
目一杯プラス補正したこともありますし。

このチューリップを撮った時は、
出来るだけ飽和させたくないな~って思いながら、
撮っていたので、マイナス補正の方がお気に入りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043957/34231089

この記事へのトラックバック一覧です: ローキーなチューリップ:

« チューリップが綺麗!! | トップページ | あれからサクランボの木は »

★ 二代目ブログ ★

フォト

米美知子さんの撮影術

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンクのあしあと♪

最近のトラックバック

カメラ関連メーカーのリンク

無料ブログはココログ